痩身エステは体を温めることが重要?

こんにちは、今日は引き続き痩身エステについてお伝えします。痩身エステは、マシンとマッサージにより痩せやすくすると先日お話しましたが、そのマシンには様々なものがあります。

一部ですが、ご紹介します。まず、「ヒートマット」と言われる電熱のマットがあります。ヒートマットをひいたベッドに寝て、顔だけを出した状態で包み込み、熱で身体を温めるようになります。これにより発汗を促し、血流を良くしていきます。痩身エステでは、このヒートマットを取り入れているサロンが多いようです。

次に、「ゲルマニウム温浴」。これも身体を温める作用があります。ゲルマニウム温浴は、ヒートマットのように全身を温めるのではなく、手と足をゲルマニウムの入ったお湯で温めます。直接全身を温めることはできませんが、ゲルマニウムが皮膚から浸透するため、短時間で発汗するようになり代謝が上がります。

また身体を温めるマシンに「遠赤外線ドームサウナ」というものもあります。これは、ドーム型のマシンに顔だけ出して入り、身体を温めるようになります。痩身エステにおいて身体を温めるマシンは、どのエステサロンにもあることが多いです。どのマシンを使っているかはサロンにもよりますが、どれを使っていても身体を温めて血流を良くし、代謝をあげる効果があることには代わりありません。

身体を温めるということは、痩せるためには大切のようですね。